入居企業をご紹介します!~レヴ・ウォーク株式会社~

2017年1月に北九州市テレワークセンターに入居されたレヴ・ウォーク株式会社が北九州市の中小企業支援情報紙「ネットワーク北九州2月号」にて紹介されました!内容をご紹介します。

インキュベーション施設入居企業をご紹介します!~レヴ・ウォーク株式会社~

北九州市のインキュベーション施設に入居して、更なるステップアップを目指す企業をご紹介します!今回は、「北九州テレワークセンター・スモールオフィス」に入居し、「コンピューターシステム開発業務」を行っている『レヴ・ウォーク株式会社』代表の久保慎司氏にお話を聞いてきました。

≪インキュベーション施設入居のきっかけ≫
12年前、入居企業の社員として北九州テレワークセンター内で仕事をしたことがキッカケになります。当時から、インキュベーション・マネージャーの皆様には大変お世話になっており、現在も交流が続いています。起業するにあたって、初心を忘れないためにも、出発地として北九州テレワークセンターを選びました。

≪事業内容について≫
コンピューターシステム・ソフト開発がメインの事業です。ロボットや自動搬送装置等制御系のシステム開発だけでなく、販売管理やシフト管理の業務系ソフト開発ができることが我が社の強みです。その他にも高齢者対策として『脳トレソフト』の開発や、農業対策として、ドローンを活用して人手不足の解消を図る事業などに取り組んでおり、地域に貢献できる企業を目指しています。

≪今後の展望について≫
将来的には、出身地である門司港地区にオフィスを構えることが目標です。
社名である「Reve Walk」とは、『夢に向かって歩く』という意味があり、社員の希望を聞きながら、社員がやりたい事を応援していきたいと思っています。
若い社員の夢を叶えられるように、私自身も頑張っていきます。

≪起業を志している方へのメッセージ≫
まさか自分が社長になるとは思ってもいませんでしたが、一緒に仕事をしたいという社員と夢に向かって歩いていこうと独立を決意しました。思い立ってからの数ヶ月はあっという間に過ぎていき、今、社員8名と共に日々頑張っています。
起業を難しいこととおもうのではなく、『やればできる!』と思ってほしいです。一人ではできません。支えてくれる人を信頼して、『一歩踏み出す勇気』をもってください!

 (『レヴ・ウォーク株式会社』代表の久保氏)

(インキュベーションマネージャーとの打合せ)

ネットワーク北九州2月号はこちら→http://www.ktc.ksrp.or.jp/Network1702.pdf