入居企業をご紹介します!~株式会社ブルーリング~

2017年2月に北九州テクノセンターに入居された株式会社ブルーリングが
北九州市の中小企業支援情報紙「ネットワーク北九州3月号」にて紹介されました!
内容をご紹介します。

インキュベーション施設入居企業をご紹介します!~株式会社ブルーリング~

北九州市のインキュベーション施設に入居して、さらなるステップアップを目指す企業をご紹介します!
今回は、「北九州テクノセンター・インキュベーション室」に入居し、「受託ソフトウェア開発業」を
行っている『株式会社ブルーリング 』代表取締役の森下寛之氏にお話を聞いてきました。

≪インキュベーション施設入居のきっかけ≫
北九州テレワークセンター入居企業の社員として働いた経験があり、インキュベーション施設の良さを
知っていたことが大きなきっかけです。
設立して二年目から受注が増え、社員を増やすタイミングに合わせて、北九州テクノセンターに
開発拠点を設けることになりました。

≪事業内容について≫
  システムや分析ツールの設計と開発、保守をメインとしています。
また、2016年8月に販売開始されたペット健康管理アプリ「Pet Life」や、現在開発中の
「医療用Wi-Fiバイタルユニット」などスマートフォン向けの自社アプリの開発にも取り組んでいます。

≪今後の展望について≫
現在、設計中である「技能実習生管理システム」を完成させて、書類や計画管理などに悩まれている
中小企業のサポートをしていきたいと考えています。今後は、自社開発のシステムやアプリをメインに、
私たちがメーカーになるつもりで頑張っていきます。

≪起業を志している方へのメッセージ≫
前職でのご縁があって、共に働く仲間と出会うことができました。インキュベーション施設は、
たくさんのチャンスがある場所だと思います。
少しでも「起業しようかな?」と思えば、起業に向けて動き出すタイミングです。思い切って
チャレンジしてみましょう。
大事なことは、最後まであきらめずに取り組み続けることです。

「失敗を重ねて、成功の基にしましょう!」

(『株式会社 ブルーリング』代表の森下氏)

ネットワーク北九州3月号はこちら http://www.ktc.ksrp.or.jp/Network1703.pdf