工事原価管理システム「Const」

会社名 株式会社ブラックハンド
商品の説明・特徴

○株式会社会社ブラックハンドの紹介

 株式会社ブラックハンドの児島毅社長は、25年間東京で技術者として建設業のパッケージソフト開発の業務に就いていた。2009年講談社第41回メフィスト賞を受賞して、作家活動を始める。この時に松下幸之助の最後の弟子と称される松下電器元副社長、WOWOW会長(当時)佐久間曻二氏と手紙のやり取りをするうちに、佐久間氏の仕事に対する考え方に感銘を受け、故郷の北九州に帰ることを機に起業することにした。

 起業に際しての思いは、よりよい工事原価管理システムを開発して、中小の建設業のためにお役に立ちたいというものである。長い経験をもとに、使いやすく役に立つソフトを提供するために会社を設立した。お客様に「製品を購入してよかった」と言っていただけるように、最大限の努力を払い、導入の際に難しかったこと、使いづらかったことについては、徹底的に改善し、「だれもが簡単に使えるシステム」を提供することを目指している。

○ブラックハンドという社名の由来

 触ると植物が元気になる人を「グリーン・ハンド」と呼ぶ。「植物たちと話ができるひと」、「植物を育てるのが上手な人」という意味である。 それに対して、「機械を触るのが上手な人」を「ブラックハンド」と呼ぶというのを聞いたことがある。 そこで、「コンピュータを自在に操る」、「ソフトウェアを思いのままに操る」という願いを込めて「ブラックハンド」という社名にした。

○工事原価管理システム「Const」について

 「Const」を提供する目的は、建設業などの中小企業の抱える次のような悩みを解決して、業務を改善し、事業を拡大していただくことである。

 ①顧客の悩み

  主な顧客である中小建設業の工事管理に関する悩みとしては、工事原価を把握して、業務

  の効率を図りたいが、システムを導入したとしても管理部門や現場において、実際に使い

  こなせるかどうか不安であるということである。

 ②導入の決め手

  建設業等の顧客に工事原価管理ソフト「Const」を導入していただく決め手となる点

  は次のとおり。

  a クラウド環境での運用が可能

   クラウド環境での運用により、初期投資を抑えることが可能となる。また、クラウ

   ドサービスにより、支店、営業所、建設現場、外出先など、どの場所からでもアク

   セスして操作ができる。   

  b 柔軟な構成により段階的に導入が可能

   「Const」は、「基本セット」「見積管理」「原価管理システム」「工程管理システム」

   「職人スケジュール管理システム」「支払入金管理システム」などに細分化されて

   おり、段階的にステップアップしていくことが容易にできる。

  c 見積から原価管理まで一本道

   見積から実行予算、発注、請求書受領、査定(検収)、支払、工事完成、請求書発行、

   会計連動まですべて一本のデータでつながっており、同じことを二度入力する必要

   はない。  

  d 使えるようになる導入サービス

   「Const」を導入したが使えないということのないように、次のように丁寧な導入

   サービスを提供している。

   専門のサポート担当が、導入先に出向き、システムの運用・操作をサポート。

  ・導入前分析サポート

   顧客の業務分析を行い、最適なシステムの運用をアドバイス。

  ・基本指導コース

   マスター登録から稼働にいたるまで操作指導。

  ・ソフトウェアインストール支援

   システムをクラウドサーバーにインストール。

 ③「Const」を使用している顧客の声

  「Const」を使用している顧客からは、次のような高い評価をいただいている。

 豊富な帳票があるので、カスタマイズしなくても、自社の運用と同様の資料を利用できた。

 エクセルと同じ使用感で入力ミスが減り、目視による確認などの作業時間が激減した。

 初期段階でのマスター作成について、丁寧なアドバイスがあり、導入がスムーズにできた。

写真・PDF等
問合せ先 北九州市小倉北区浅野三丁目8番1号  電話:093-555-1283
会社URL http://blackhand.co.jp/